合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

特集

お客様の声を頂きました!

介護・福祉事業を行う会社の定款事業目的の書き方

介護サービスの種類にはどんなものがある?

介護事業所の指定には「法人格」が必要です。

法人格があれば、合同会社でも株式会社でも、一般社団法人でもNPO法人でも構いません。

事業者の指定は、原則としてサービスの種別ごとに指定を受ける必要があります。介護保険法に規定されている介護サービスにはどのようなものがあるでしょうか。

まずは介護サービスの種類から見ていきましょう。

介護サービスは大きく分けると4種類。

1.【居宅サービス / 介護予防サービス】

  • 訪問介護
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅療養管理指導
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 短期入所療養介護
  • 特定施設入居者生活介護
  • 福祉用具貸与
  • 特定福祉用具販売

2.【ケアマネ】

  • 居宅介護支援

3.【施設サービス】

  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

4.【地域密着型サービス】

  • 小規模多機能型居宅介護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 認知症対応型共同生活介護
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 複合型サービス

色々とございますね。

法人の定款の事業目的欄に、介護保険を利用して事業を行う旨の記載がないと指定は受けられません。

つまり、介護事業の指定申請にあたっては、定款に介護サービスを行う旨の文言を適切に記載しておく必要があるということです。

例えば、介護保険法に規定されている介護サービスのうち、「居宅介護支援事業」を行う場合は、「介護保険法に基づく居宅介護支援事業」、「訪問介護事業」を行うのであれば、「介護保険法に基づく訪問介護事業」などと、定款の事業目的に記載します。

これから会社を設立して、事業者指定を受ける場合は、目的の記載方法には十分に注意してください。

すでに会社を設立している場合は、定款変更手続きが必要になります。社内で定款変更を行い、管轄の法務局へ申請を行うことで目的変更が可能です。手続きの詳細は下記ページをそれぞれ御覧ください。両ページ共に、弊所の姉妹サイトになります。

なお事業者の指定は、原則として、サービスの種別ごとに受ける必要がありますので、定款の事業目的には、事業を行う可能性があるものは全て個別に記載することになります。

では、次に定款事業目的の記載例を見てみましょう。

定款事業目的の記載例

  • 介護保険法に基づく居宅介護支援事業
  • 介護保険法に基づく訪問介護事業
  • 介護保険法に基づく訪問入浴介護事業
  • 介護保険法に基づく訪問看護
  • 介護保険法に基づく訪問リハビリテーション事業
  • 介護保険法に基づく居宅療養管理指導事業
  • 介護保険法に基づく通所介護事業
  • 介護保険法に基づく通所リハビリテーション事業
  • 介護保険法に基づく短期入所生活介護事業
  • 介護保険法に基づく短期入所療養介護事業
  • 介護保険法に基づく特定施設入所者生活介護
  • 介護保険法に基づく特定福祉用具販売事業
  • 介護保険法に基づく福祉用具貸与事業
  • 介護保険法に基づく居宅介護支援事業
  • 介護保険法に基づく介護予防訪問介護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防訪問入浴介護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防訪問看護
  • 介護保険法に基づく介護予防訪問リハビリテーション事業
  • 介護保険法に基づく介護予防居宅療養管理指導事業
  • 介護保険法に基づく介護予防通所介護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防通所リハビリテーション事業
  • 介護保険法に基づく介護予防短期入所生活介護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防短期入所療養介護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防特定施設入所者生活介護事業
  • 介護保険法に基づく特定介護予防福祉用具販売事業
  • 介護保険法に基づく介護予防福祉用具貸与事業
  • 介護保険法に基づく夜間対応型訪問介護事業
  • 介護保険法に基づく認知症対応型通所介護事業
  • 介護保険法に基づく小規模多機能型居宅介護事業
  • 介護保険法に基づく認知症対応型共同生活介護事業
  • 介護保険法に基づく地域密着型特定施設入居者生活介護事業
  • 介護保険法に基づく地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護事業
  • 介護保険法に基づく複合型介護事業
  • 介護保険法に基づく定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防認知症対応型通所介護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防小規模多機能型居宅介護事業
  • 介護保険法に基づく介護予防認知症対応型共同生活介護事業

仮にこれらすべてのサービスを事業目的に入れるとした場合、すごい数になってしまいますね。

便宜上、申請先の都道府県・市町村によっては、これらの目的を個別に記載することなく、包括的な記載方法で認めるところもあります。

例えば大阪市・神戸市であれば次のよう包括敵な記載が認められています。

「1.介護保険法に基づく居宅サービス事業」という記載に含まれる事業

訪問介護・訪問入浴介護・訪問看護・訪問リハビリテーション・居宅療養管理指導、通所介護・通所リハビリテーション・短期入所生活介護・短期入所療養介護・特定施設入居者生活介護・特定福祉用具販売・福祉用具貸与

「2.介護保険法に基づく介護予防サービス事業」という記載に含まれる事業

・介護予防訪問介護・介護予防訪問入浴介護・介護予防訪問看護・介護予防訪問リハ ビリテーション・介護予防居宅療養管理指導・介護予防通所介護・介護予防通所リハビリテーション・介護予防短期入所生活介護・介護予防短期入所療養介護・介護予防特定施設入居者生活介護・介護予防福祉用具貸与・特定介護予防福祉用具販売

「3.介護保険法に基づく地域密着型サービス事業」という記載に含まれる事業

・小規模多機能型居宅介護・夜間対応型訪問介護・認知症対応型通所介護・認知症対応型共同生活介護・地域密着型特定施設入居者生活介護・地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護・定期巡回・随時対応型訪問介護看護・複合型サービス

「4.介護保険法に基づく地域密着型介護予防サービス事業」という文言に含まれる事業

介護予防小規模多機能型居宅介護・介護予防認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型共同生活介護

これら4つの文言で記載しておけば、ほとんどの介護サービスをカバーできます。

個別記載のデメリットとは?~定款変更登記が必要になる場合がある~

定款の事業目的記載方法を個別に書いている場合で、例えば、「訪問介護」で指定を受けていて、更に追加で「訪問入浴介護」の指定を受けようとすると、まず、指定申請の前に事業目的に「介護保険法に基づく訪問入浴介護」という記載を追加する必要が出てきます。

前述の通り、事業目的を変更するには法務局への目的変更手続きが必要になります。

この変更登記申請には登録免許税が3万円かかります。

申請書類等の作成も考えると、余計な手間と出費が発生してしまいますから、こういった事態を避ける為にも介護事業を行う場合の定款への目的の記載方法は、包括的に記載しておかれることをお勧めします。

※ただし、個別的な記載でないとNGな役所もありますので、必ず会社設立前に担当課へ確認を取るようにしましょう。

障害者自立支援法に基づく事業を行う場合の定款事業目的の書き方

介護事業の他に「障害者自立支援法に基づくサービス」も行う場合は、その文言も記載しておくことをお勧めします。

介護事業の指定申請と同じく、法人格が必要であり、サービスの種類ごとに指定を受ける必要があります。

個別記載例

  • 障害者自立支援法に基づく居宅介護支援業務
  • 障害者自立支援法に基づく相談支援事業
  • 障害者自立支援法に基づく移動支援事業
  • 障害者自立支援法に基づく特定相談支援事業
  • 障害者自立支援法に基づく共同生活介護

包括記載例

「障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業」という記載に含まれる事業

居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護・療養介護・生活介護・短期入所・共同生活介護・共同生活援助・重度障がい者等包括支援・自立訓練(機能訓練・生活訓練)・就労移行支援・就労継続支援(A型・B型)

「障害者自立支援法に基づく地域生活支援事業」という記載に含まれる事業

日常生活用具給付等事業・移動支援事業・日中一時支援事業・入浴サービス事業・コミュニケーション支援事業・地域活動支援センター事業・相談支援事業など。
※地域生活支援事業の各事業は、市町村ごとで内容を決定するため、事業の範囲などが市町村ごとに異なります。

◇「障害者自立支援法」の改正について◇

「障害者自立支援法」が平成25年4月1日より「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改正されます。

この改正により、法人の定款に記載されている「障害者自立支援法」の文言を変更する必要がでてきます。

ただし、事業目的が具体的に明記されている場合であれば、次の定款変更の際に併せて改正すればよいことになっています。

「障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業」
→障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業

ですので、平成25年4月1日以前に法人を設立する場合でも、旧名称と新名称の両方の目的を記載しておくほうが望ましいでしょう。

「共同生活介護」については、平成26年4月1日から「共同生活援助」に一元化されるため、平成26年4月1日以降に「障害者自立支援法に基づく共同生活介護」を「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく共同生活援助」とする定款の変更が必要となります。

【無料メールマガジン】
お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方のご案内

デイサービス開業支援実績多数、介護分野の著書もある専門家による無料メールマガジン。

◆著書はこちら→お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方

  • デイサービスとは?
  • デイサービスを取り巻く市場環境の分析
  • 施設のコンセプト・セールスポイントの作り方
  • デイ開業に資金はいくら必要か?
  • 成功する開業地域の選び方
  • 店舗物件の選定で失敗しないコツ
  • デイサービスの設備基準のポイント
  • デイサービスの人員基準のポイント etc

デイサービス(通所介護)開業に関するノウハウ満載のメールマガジンです。登録無料(解除はいつでも可能です)。

 

(メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください)

おススメ!【介護事業所専門!】税理士・社会保険労務士無料紹介.comのご紹介

介護事業所専門!税理士・社会保険労務士無料紹介ドットコム

介護事業所専門!税理士・社会保険労務士無料紹介ドットコム

介護事業所支援専門の専門家を無料で紹介いたします。

介護事業所の資金調達、助成金、税務・労務など、介護事業支援に精通した専門家を全国どこでもご紹介!初回相談は無料です。

あなた様にぴったりの専門家に出会えるまでしっかりとフォローいたします。地域、予算、年齢、性別、相性のよさ等々、ご自由にお申し付けくださいませ。

お申込みはこちら→介護事業所専門!税理士・社会保険労務士無料紹介ドットコム

税理士に頼まず費用をかけず、自分で会計業務を行いたい方は

今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が注目されています。

60万人以上の事業所が利用。クラウド会計ソフトシェアも第1位。

ネット上の会計システムを利用して、簡単に日々の会計記帳が行えます。税理士や公認会計士とも提携しているので、専門家との相談も可能ですし、格安で決算の代行もしてくれるようです。簿記の知識がまったくなくても簡単に使える会計ソフト。経理の時間が 50 分の 1 に。

税理士に頼まず自分で費用をかけずに記帳や会計業務を行いたいと言う方には、こちらがお勧めです。法人会計・経理にも対応しています。

また、クラウド会計ならではの資金調達スキームにも注目です。

ジャパンネット銀行が提供しているfreee会員専用のビジネスローン。管理画面から申し込めば自動で会計データ及び決算情報が送付され、審査がすぐにはじまるので融資の可否も最短で即日とのこと。すごいですね。

担保不要・来店不要・借入限度額も1000万円まで。金利は3.9~8.2%と、ビジネスローンの中では低金利。クラウド会計ならではでスムーズ&スピーディーな資金調達が可能なfreeeは今後も注目です。

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。