合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

【合同会社の設立に必要なものはわずか6つ】

誰でも簡単に用意できる!

合同会社を設立するには、どのようなものが必要でしょうか?比較的簡単に揃えられるものばかりです。当ページでは合同会社の設立に必要なものをどなたでも簡単にご理解いただけるように、解説しています。

  1. 社員の個人実印
  2. 社員の印鑑証明書
  3. 社員の銀行口座
  4. 出資するお金または現物(資本金)
  5. 法人の実印
  6. 登記する為の住所(本店所在地)

この6点を揃えれば、あとは定款等の必要書類を作成し、登記申請を行うのみです。意外に簡単だなとお感じになると思います。

それでは、一つづつ見てまいりましょう。

1.社員の個人実印

社員とは合同会社を立ち上げる際に「会社に出資を行う人」を言います。従業員という意味ではありません。

これから合同会社を立ち上げようとしている人=社員です。

まだ個人の実印を作っていない場合は、ハンコ屋さんに作ってもらいましょう。インターネットから簡単に購入できますし、即日納品もめずらしくありませんので、すぐに準備できると思います。

100円ショップで売っている認印やシャチハタ印等を実印とするのは盗難に合った場合に偽造されやすいので、安物は控えておきましょう。

定款等の書類には実印での押印は求められていませんが、後のトラブルを防ぐため、信頼性を担保するために実印での押印します。

※社員が法人の場合は、法人の実印が必要です。法務局へ印鑑登録している実印を準備してください。

2.社員の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)

自分の実印を登録(印鑑登録)していれば「印鑑証明書」を取得することができます。

まだ印鑑登録をしていない場合は、お住まいの役所(市区町村役場)で印鑑登録を行いましょう。印鑑登録は直接本人が役所へ出向いて行わなければなりません。実印と身分証明書(免許証等)を持参して、役所の窓口へ申請します。

申請が完了すると「印鑑登録証」というカードが発行されます。このカードを使って「印鑑証明書」を取得することができます。発行費用は1通300円程度です。

法務局へ添付するのは代表社員の印鑑証明書のみです。代表社員以外の社員は必要ありませんが、定款に社員の住所・氏名を印鑑証明書通り記載することが求められていますので用意します。

※社員が法人の場合は、法人の印鑑証明書、登記事項証明書が必要です。どちらも法務局で入手できます。

3.社員の銀行口座

合同会社に出資をするための銀行口座を準備します。

合同会社を設立する前なので、当然ですが、まだ会社名義の銀行口座はありませんから、出資金は一旦、社員個人の銀行口座へ払い込みます。

新規口座を開設する必要はありません。現在お持ちの銀行口座で銀行であればどこでもOKです。ゆうちょ銀行もOKです。

社員が複数名の場合は代表者の銀行口座へ各社員がそれぞれの出資金を払い込みます。そして、合同会社設立後に会社名義の銀行口座を作り、そこへ出資金を移し替えます。

※社員が法人の場合は、法人名義の銀行口座が必要です。

4.出資するお金または現物(資本金)

合同会社に出資した金額が合同会社の設立時の「資本金」になります。

資本金の下限はありませんので1円以上のお金を準備しましょう。お金でなくても現物で出資することもできます。例えばパソコンやプリンター、自動車など。

ただし、資本金は事業を行う上の元手のお金ですので、現実1円では事業を行えません。事業をスタートするにあたっての資金となるお金を準備しましょう。

5.法人の実印

これから設立する合同会社の法人実印を準備します。法人実印は会社代表者印や単に代表者印とも呼ばれたりします。

法人実印は規格がありますが、ハンコ屋さんに会社の実印を作りたいと頼めば規格にあった印鑑を作ってくれます。

高額でなくてもいいので質の良い商品を選びましょう。

実印以外にも銀行印、角印(認印)のセットで準備しておくと便利です。

法人実印の作成方法はこちらを参考ください。→合同会社の設立に必要な法人実印

6.登記する為の住所(本店所在地)

会社の住所は法務局で登記されますので、正確な住所が必要です。

例えばビル名やマンション名がなければ郵便物が届かない場合は、ビル名やマンション名と号室まで登記をしておいた方がよいでしょう。

会社の住所は社員の自宅住所でも構いません。最初は社員の自宅で会社を立ち上げて事業が起動にのれば他に事務所を借りるといったこともできます。

ただし、自宅が賃貸住宅の場合は「住居用」であって「事業用」としての使用が認められない場合もありますので、必ず事前にマンションの管理会社等に確認してください。

<まとめ>

合同会社は株式会社と比べると比較的簡単に設立できる法人です。必要なものが揃えばあとは定款や登記申請書等の必要書類を作成していくのみ。

定款の作成方法はこちらを参考にしてください。
8つのポイントを押さえよう!失敗しない【合同会社定款作成マニュアル】

設立書類の解説はこちらを参考にしてください。
合同会社の登記事項と設立登記申請に必要となる添付書類について

ご自身の手で、最も安く、簡単に合同会社(LLC)を設立したい方へ!

自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円

当キットをダウンロードして手続きを進めれば、最短1日で設立手続きは完了します。

合同会社設立キット

  • 少しでも安く設立を済ませたい方
  • 時間があるので自分でも動ける方
  • 自分自身も手続きに携わりたいという方
  • 超特急で今日中にでも登記申請を完了させたい方

自分で出来る!合同会社設立キットでは、設立手続きに必要な書類一式の雛型及び書類作成マニュアルを同梱しております。(現物出資による設立にも完全対応)

会社設立実績1500社を超える専門家(MOYORIC行政書士合同事務所&行政書士法人WEITHNESS)が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。

→ 自分で出来る!合同会社設立キット詳細はこちら

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

法人向けゴールドカードなら「オリコビジネスカードGold」

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。 個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。

1法人あたり10万円~1,000万円(総利用可能枠)までご利用できます。

利用枠は審査次第ですが、1,000万円の経費枠を持つということは、1,000万円の短期資金調達が可能になることと同義です。

また、オリコクレジットを利用している事業主限定で利用可能なオリコの証書貸付「ビジネスサポートプラン」を借入れいただく際、最大2.0%(実質年率)の金利優遇が受けられます(借入可能額100万円~1,000万円、金利6.0%~15.0% ※新規申込時は8.4%~15.0%)。

資金調達の選択肢の一つとして確保しておいて損はないでしょう。

また、年会費2,000円(初年度無料、税別)という格安の年会費にも関わらず、様々な各種保険・保障もしっかりと付帯している点も嬉しいですね。

「事業拡大」「事業インフラの強化」「人材育成」「経営効率の最適化」の4つの分野で利用できる各種割引・サービス、海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、国内旅行傷害保険(最高1,000万円)、 ショッピングガード(年間最高100万円・免責金額1万円)、 カードの紛失・盗難保障付きです。

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。 個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。

融資を断られた方でも資金調達可能。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。