合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社の資金調達・借入時のポイントを押さえよう!

「合同会社は株式会社と違って規模も小さいし、法人格も違うから、借入に不利なんじゃない?」

といったご質問を頂戴することも多いのですが、そんなことはございません。ご安心ください。

金融機関は、法人格の違いではなく、その会社の

  • 業績(既に設立している場合)
  • 事業計画
  • 自己資金の額
  • 代表者個人の与信
  • 借入申請のタイミングなど

を見て判断、融資を行うか否かを決定します。

こちらのページでは、各金融機関からの借入時のポイントを解説します。

各金融機関のメリット・デメリット

金融機関と一口に言っても、結構あるんです。

都市銀行(メガバンク)、地方銀行、信用組合、信用金庫など。後は、政府系金融機関である日本政策金融公庫、信用保証協会(厳密には金融機関ではありません)等があります。

なお、この中で、現実的に合同会社が行える借入は、「都市銀行以外」となるでしょう。都市銀行は、やはり大会社向け融資が多いのが現状です。

各金融機関によって、取引地域、取引規模等が異なります。また、それぞれにメリット・デメリットがあります。貸出のスタンスも大きく異なります。

できれば、1つだけの金融機関とのみ取引を行うのではなく、複数と付き合うと良いでしょう。急な資金調達需要にも対応できます。

では、各金融機関について、下記にて解説していきます。

1.政府系金融機関

代表的なのが日本政策金融公庫。各自治体が行っている制度融資等もあります。

メリットは、やはり政府系だけあって、間口は広く、融資の種類も多いです。合同会社の新規開業時等、開業融資に関しては、ほぼ、政府系金融機関を利用することになるでしょう。

金利も低めに設定されています。デメリットは、役所だけあって、融通が効かない、審査に時間がかかる。等があります。ただ、現実的に、一番融資が通りやすいのは、政府系金融機関です。

はじめて借入申請をする場合は、まずは日本政策金融公庫や信用保証協会の保証付制度融資などを利用しましょう。

当サイト内のこちらのページでも詳しく解説しています。→開業時の公的融資・資金調達

2.地方銀行

地方銀行ですから、地場産業を支える中小企業の味方をしてくれます。逆に言えば、地域に根ざしていない会社は相手にされない可能性もあります。地域経済にどれだけ貢献しているか、雇用を生み出しているか等も融資の際の重要なポイントになるでしょう。後述の都市銀行(メガバンク)に比べれば、融資も通りやすい。

3.信用金庫・信用金庫

地銀よりも地域の対象範囲を狭めている金融機関。どちらかと言うと、地銀よりも更に中小零細企業に特化しており、融通も効きます。

ただ、都銀、地銀よりも金利が高いことがある。ただし、大型融資等には対応していない場合が多い。高額融資を望むのであれば、やはり地銀、都銀になります。

4.都市銀行(メガバンクなど)

合同会社が新規で借入を起こすのは、現実的ではありません。数億円規模の売上、利益が上がるようになれば、メガバンクからの借入も視野に入れましょう。メインバンクとして、銀行口座等は持っておいて損は無いと思われます。

まずは口座を作って銀行と取引をはじめることからスタートしよう!

政府系金融機関は、銀行ではないので、口座取引などはありません。

民間の金融機関に、口座も開設していないのに、いきなり窓口にいって「お金を貸してくれ!」と言っても相手にされません。

まずは取引をしたい地銀、信用金庫等で定期預金や従業員への給料等の振込口座を作りましょう。そこで、足がかりを作るのです。

金融機関にとってのメリットを先に与えましょう。金融機関にとっては、「口座開設=商品が売れる」も同じですから、嬉しいはずです。

取引額等が増えてくれば、向こうから営業に来ることもありますし、投資信託などの金融商品を勧めてくる場合もあります。そのときが、融資取引開始のチャンスとなるわけです。

以上が金融機関毎の借入時のポイントになります。

その他、弊所の別サイトにはなりますが、起業家・経営者向けの資金調達ガイドページを設けておりますので、ぜひ、参考になさってください。→賢く借りる為に!起業家・中小企業経営者の為の資金調達徹底ガイド(会社設立ドットネット)

税理士に頼まず費用をかけず、自分で会計業務を行いたい方は

今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が注目されています。

60万人以上の事業所が利用。クラウド会計ソフトシェアも第1位。

ネット上の会計システムを利用して、簡単に日々の会計記帳が行えます。税理士や公認会計士とも提携しているので、専門家との相談も可能ですし、格安で決算の代行もしてくれるようです。簿記の知識がまったくなくても簡単に使える会計ソフト。経理の時間が 50 分の 1 に。

税理士に頼まず自分で費用をかけずに記帳や会計業務を行いたいと言う方には、こちらがお勧めです。法人会計・経理にも対応しています。

また、クラウド会計ならではの資金調達スキームにも注目です。

ジャパンネット銀行が提供しているfreee会員専用のビジネスローン。管理画面から申し込めば自動で会計データ及び決算情報が送付され、審査がすぐにはじまるので融資の可否も最短で即日とのこと。すごいですね。

担保不要・来店不要・借入限度額も1000万円まで。金利は3.9~8.2%と、ビジネスローンの中では低金利。クラウド会計ならではでスムーズ&スピーディーな資金調達が可能なfreeeは今後も注目です。

― スポンサードリンク ―

融資を断られた方でも資金調達可能。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。