合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社(LLC)の本店所在地について

合同会社の設立にあたっては本店所在地を決めておく必要があります。

本店所在地とは、設立登記申請時に法務局に届け出る合同会社の住所を言います。

この本店所在地は、定款に必ず記載しなければならない絶対的記載事項ですので、合同会社を設立するにあたって予め決めておく必要があります。

本店所在地の場所については、特に決まりはありません。

通常は、実際にその合同会社の事業を行う事務所や店舗を本店所在地とすることになりますが、自宅の住所を本店所在地にしても、登記上はまったく問題ありません。

ただし、自宅であっても賃貸の場合、賃貸借契約によっては、営業所や店舗として使用できない場合もありますので、事前に賃貸人に確認することをお勧めいたします。

この本店所在地の住所の表記方法については、ある程度自由に決めることができます。

・番地までの表記
→「兵庫県神戸市東灘区向洋町中6丁目9番地」

・ビル名、階数まで表記
→「兵庫県神戸市東灘区向洋町中6丁目9番地 神戸ファッションマート4階」

この他、テナントを賃貸する場合等、ビル内に多くの会社が存在する場合は、郵便物が届かない可能性もありますので、ビル名や階数、部屋番号を表記するほうが望ましいでしょう。

定款に記載する本店所在地の記載方法は?

定款に記載する本店所在地の記載方法には、下記の2つの方法があります。

・最小行政区画までの記載
→「兵庫県神戸市」

・具体的な番地まで記載
→「兵庫県神戸市東灘区向洋町中6丁目9番地」

※最小行政区画とは市町村(東京都では23区)をいいます。群の場合は、町名まで必要です。

最小行政区画に留めた場合、将来、本店を移転をしたとしても、同じ市町村内(東京都では23区)での移転であれば、定款の変更をする必要がありません。

反対に、定款に番地まで定めた場合、必ず定款を変更する必要があります。

その為、定款には最小行政区画までしか記載しないという方法も多く見受けられます。

※定款の記載方法に係わらず、本店を移転した際は、法務局への変更登記は必ず必要です。

前述のとおり、法務局への登記申請書にも本店所在地を記載しますが、その所在地には、定款と異なり、番地までの正確な表記が必要です。

合同会社の登記簿謄本には、登記申請書に記載された住所が合同会社の住所として記載されることになります。

法人向けゴールドカードなら「オリコビジネスカードGold」

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。 個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。

1法人あたり10万円~1,000万円(総利用可能枠)までご利用できます。

利用枠は審査次第ですが、1,000万円の経費枠を持つということは、1,000万円の短期資金調達が可能になることと同義です。

また、オリコクレジットを利用している事業主限定で利用可能なオリコの証書貸付「ビジネスサポートプラン」を借入れいただく際、最大2.0%(実質年率)の金利優遇が受けられます(借入可能額100万円~1,000万円、金利6.0%~15.0% ※新規申込時は8.4%~15.0%)。

資金調達の選択肢の一つとして確保しておいて損はないでしょう。

また、年会費2,000円(初年度無料、税別)という格安の年会費にも関わらず、様々な各種保険・保障もしっかりと付帯している点も嬉しいですね。

「事業拡大」「事業インフラの強化」「人材育成」「経営効率の最適化」の4つの分野で利用できる各種割引・サービス、海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、国内旅行傷害保険(最高1,000万円)、 ショッピングガード(年間最高100万円・免責金額1万円)、 カードの紛失・盗難保障付きです。

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。