合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社に社会保険加入義務はある?未加入の場合のペナルティーは?

そもそも社会保険という言葉(法律上の定義)をきちんと理解している方は、少ないのではないでしょうか。

特に今まで会社勤めをしていた人であれば、社会保険の加入や変更、脱退手続きまで全て会社が手続きを行ってくれていましたので、自分がどのような社会保険に加入していたのか、負担料はいくらであったのか、理解している人は少ないと思います。

ですが、合同会社を設立したのであれば会社の責任として、社会保険の仕組みを理解する必要があります。

まず社会保険とは、健康保険と厚生年金保険の2つを総称して使用されます。

この社会保険は、株式会社はもちろん合同会社などの「法人」であれば業種は関係なく、社長1人であっても加入しなければならない「強制加入」となっています。

「強制加入」、つまり加入する義務がありますので、会社が任意で加入するかどうかを選択することはできません。

個人事業を法人成りして合同会社を設立したのであれば、今まで国民健康保険と国民年金に加入していたと思います。

会社が軌道に乗るまでは、このまま国民健康保険と国民年金に加入しておけばいいとお考えの人もいると思いますが、社会保険の加入は義務です。得であるとか損をするとか、そのような事は関係ありません。加入義務はありますので、間違えないようにしてください。

社会保険料は会社と加入者本人と折半で負担します。

社会保険料は、「給与× 保険料率」で算出されますが、例えば従業員の給与が月額30万円の場合、健康保険料は月額29,730円、厚生年金保険料は月額54,546円です。

この月額を会社と加入者本人とで折半します(平成29年4月現在)。

  • 健康保険料:月額29,730円(従業員負担分 14,865円、会社負担分 14,865円)
  • 厚生年金保険料:月額54,546円(従業員負担分 27,273円、会社負担分 27,273円)

従業員の給与から従業員負担分の保険料(42,138円)を天引きして、会社が会社負担分の保険料(42,138円)と合算した額(84,276円)をまとめて納付します。

※加入者が40歳以上の場合、介護保険料が加算されます。

社長も会社から役員報酬が出ますので、役員報酬から社会保険料が算出されますが、社長1人の会社であれば、実質100%会社負担のようなものです。上記の例ですと1人の会社で毎月8万円の負担は大きいですね。

従業員が多ければその分負担も大きいため、社会保険に加入していない会社があるのも現実です。

未加入の場合のペナルティー

では、未加入の場合、何らかのペナルティーはあるのでしょうか?

社会保険未加入の場合、最終的には追徴金が発生したり、罰則規定(6月以下の懲役又は50万円以下の罰金)が設けられています。

しかし、未加入=すぐ罰則ではなく、ある程度段階を踏んでからそれでも加入しない場合の最終的なケースです。

加入指導は、年金事務所が未加入対象事業所を把握することから始まります。

加入義務があるのにも関わらず加入していない会社(適用調査対象事業所)を把握すると、文書・電話、会社訪問などによる加入勧奨が行われ、まずは会社の自主的な加入が促されます。

年金事務所から何度か加入指導されますが、それでも加入しない会社に対しては立入検査が行われ、強制的に加入させられます。もちろん会社は拒否することはできません。

加入指導されてから保険加入ではなく、加入義務が発生した時(例えば会社を設立した時)から遡って加入することになりますので、最大過去2年間に遡って追徴金が発生します。つまり最大で加入者全員分の保険料を2年分遡って支払わなくてはなりません。そして悪質であると判断されれば罰則の適用もあります。

上記の例ですと、社長1人の合同会社で設立から2年経過した時点で未加入であることの追徴金がきた場合、単純計算で84,276円×24ヶ月=2,022,624円になります。

加入指導後、早期の段階で会社が自主的に加入すれば、過去2年に遡ってまでの加入は求めないとされていますので、もし未加入であることを指導された場合は、早めに加入することを検討してください。

特にマイナンバー制度のスタートにより今後、加入指導が強化される可能性もありますのは、未加入の場合は、速やかに加入手続きを行うようにしましょう。最寄りの年金事務所や社会保険労務士へご相談されることをお勧めします。

税理士に頼まず費用をかけず、自分で会計業務を行いたい方は

今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が注目されています。

60万人以上の事業所が利用。クラウド会計ソフトシェアも第1位。

ネット上の会計システムを利用して、簡単に日々の会計記帳が行えます。税理士や公認会計士とも提携しているので、専門家との相談も可能ですし、格安で決算の代行もしてくれるようです。簿記の知識がまったくなくても簡単に使える会計ソフト。経理の時間が 50 分の 1 に。

税理士に頼まず自分で費用をかけずに記帳や会計業務を行いたいと言う方には、こちらがお勧めです。法人会計・経理にも対応しています。

また、クラウド会計ならではの資金調達スキームにも注目です。

ジャパンネット銀行が提供しているfreee会員専用のビジネスローン。管理画面から申し込めば自動で会計データ及び決算情報が送付され、審査がすぐにはじまるので融資の可否も最短で即日とのこと。すごいですね。

担保不要・来店不要・借入限度額も1000万円まで。金利は3.9~8.2%と、ビジネスローンの中では低金利。クラウド会計ならではでスムーズ&スピーディーな資金調達が可能なfreeeは今後も注目です。

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」はご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。