合同会社設立ドットネット合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社の代表者(代表社員)を2名以上で設立する場合の手続きについて

合同会社の代表社員は、1名でも複数名でも問題ありません。

では、代表社員1名で設立する場合と2名以上で設立する場合の手続きは何が違うのでしょうか?

結論から言うと手続き自体ほとんど変わりありません。

ポイントは2つです。

分かりやすく、社員AさんとBさんの2名で合同会社を立ち上げて、2名とも代表者になる場合を例にしてみましょう。

(1)合同会社の定款を作成する際のポイント

合同会社の定款には「業務執行社員」「代表社員」について定めます。

社員AさんとBさん2名ともに業務執行社員であり代表社員ですから、定款には下記にように定めます。

(業務執行社員)
第○条 当会社の業務は、各社員が執行する。

(代表社員)
第○条 業務執行社員は、各自当会社を代表する。

上記の記載方法ではちょっと分かりにくいなと思うのであれば、定款に氏名を直接記載する方法でも問題ありません。

(業務執行社員)
第○条 当会社の業務は、社員A及びBが執行する。

(代表社員)
第○条 当会社の代表社員は、社員A及びBとする。

このように定めることで、社員AさんとBさんは代表社員になります。

(2)法人の実印を登録する際のポイント

法人の実印は、合同会社を設立する際に代表社員が法務局へ登録する印鑑です。

会社実印と呼ばれたり、代表者印とも呼ばれたりします。

印鑑には、基本的に個人の名前は入りません。印鑑の外枠には「会社名」が、内枠には「代表社員」と入るのが一般的です。

代表社員が2名いる場合、「どちらか一方が登録する」または「どちらも登録する」を選ぶことができます。

「どちらか一方が登録する」場合は、社員AさんとBさんのどちらかが代表して印鑑登録を行います。もちろん印鑑は1本です。

Aさんが代表して印鑑登録を行うと、会社の印鑑証明書には代表社員Aさんの氏名が記載されます。つまり、法人の実印を押印する場面では、Aさんの名前で押印することになります。

「どちらも登録する」場合は、社員AさんとBさんそれぞれの名前で印鑑登録を行います。印鑑は2本準備しましょう。

AさんはAさんの印鑑を登録、BさんはBさんの印鑑を登録します。同じ印鑑を使うことはできませんので、書体等を変えたものを準備しましょう。

会社の印鑑証明書もそれぞれの名前で発行されます。法人の実印を押印する場面では、どちらかの印鑑を押印することになります。つまりAさんでもBさんでも単独で契約を結ぶことができます。

このように2つのポイントをおさえていれば、後は1人で設立する時と同じように必要な書類を準備して、法務局へ登記を行うのみとなります。

登記申請はどちらの代表社員が行うの?

それでは、代表社員を2名にした場合、実際に法務局へ登記申請を行うのは、代表社員のAさん、Bさんのどちらが行うのでしょうか?

前述の通り、代表社員が2名いる場合の法人実印は、「どちらか一方が登録する」か「どちらも登録する」の2パターンです。

パターン1「法人実印をどちらか一方が登録する」場合

代表社員のAさんが法人実印を登録する場合は、当然ながらAさんが登記申請を行います。

登記申請書の申請人「代表社員」には、Aさんの氏名を記載します。

あくまでも申請代表者がAさんになるだけで、AさんももちろんBさんも「代表社員」として登記されますので、安心してください。

登記申請と同時に法人実印を登録するための「印鑑届書」をAさんの名前で1枚提出することになります。

パターン2「法人実印をどちらも登録する」場合

代表社員のAさん、Bさんどちらも法人実印を登録する場合は、どちらが登記申請を行っても構いません。

Aさんの名前で登記申請を行うのであれば、Aさんが登録する法人実印を使います。登記申請書には、Aさんの法人実印で押印しますし、法人実印の押印が必要な書類は全てAさんの印鑑で押印します。

Bさんの名前で登記申請を行う場合も同様です。全てBさんが登録する法人実印を使います。

そして、登記申請と同時に法人実印を登録するための「印鑑届書」をAさんの名前で1枚、Bさんの名前で1枚、合計2枚提出することになります。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成。創業融資申請の面倒な作業は全てKIKが代行
  • 公認会計士がすべて対応
  • 創業時のみならず創業後2年以内も対応可
  • 徹底した事業レビュー。KIKの融資サポートサービス利用で会社設立手数料も無料!

創業融資サービスKIK

税理士に頼まず費用をかけず、自分で会計業務を行いたい方は

今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が注目されています。

100万人以上のユーザーが利用。クラウド会計ソフトシェアも第1位。

ネット上の会計システムを利用して、簡単に日々の会計記帳が行えます。税理士や公認会計士とも提携しているので、専門家との相談も可能ですし、格安で決算の代行もしてくれるようです。簿記の知識がまったくなくても簡単に使える会計ソフト。全国3,630の銀行・クレジットカードと連動し経理を自動化。経理の時間が 50 分の 1 に。

税理士に頼まず自分で費用をかけずに記帳や会計業務を行いたいと言う方には、こちらがお勧めです。法人会計・経理にも対応しています。

また、クラウド会計ならではの資金調達スキームにも注目です。

ジャパンネット銀行が提供しているfreee会員専用のビジネスローン。freee会員なら自動で会計データ及び決算情報が送付され、審査がすぐにはじまるので申し込み後最短で翌営業日での借り入れも可能とのこと。

担保不要・来店不要・借入限度額も3000万円まで。金利は1.45~13.75%と、ビジネスローンの中では低金利。クラウド会計ならではでスムーズ&スピーディーな資金調達も可能なfreeeには今後も注目です。

【関連ページ】これらの記事も読まれています

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。