合同会社設立ドットネット合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社と労災保険の年度更新について

労災保険と雇用保険を合わせたものを「労働保険」と呼びます。

  • 労災保険:従業員が仕事中や通勤中に事故・災害等にあった場合の保障を行う公的制度
  • 雇用保険:従業員の雇用の安定を目的とする公的制度、失業保険(基本手当)の支給など

どちらも合同会社が従業員を雇用した場合には加入する義務があります。

会社はその保険料を自ら算定して納めなくてはなりません。

労働保険の保険料は毎月納めるのではなく、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間を単位として計算され、1年に1回概算で保険料を算定して納めます。

「労災保険料」と「雇用保険料」は共に、会社から従業員に支払われる賃金に保険料率をかけて算定されますが、まとめて1年分を前払いするため、1年の見込み賃金をもとに算定された額を概算で納付することになります。

新年度の納付の際に、前年度に実際に従業員に支払った賃金から正しい保険料を算定して、前払いした保険料の精算をします。合わせて新年度の保険料を算定して概算で1年分を前払いする仕組みになっています。

つまり、会社は下記の2つの手続きを同時に行うことになります。

  1. 前年度の保険料を精算するための保険料の申告と納付
  2. 新年度の概算保険料を納付するための申告と納付

これを労働保険の「年度更新」手続きと言います。

年度更新の手続きは、毎年6月1日から7月10日までの間に行わなければなりません。年度更新前の毎年5月末頃に労働局から申告書と納付書が送られてくるはずですので、必ず確認してください。

会社が行うべきことは、「労働保険」に加入すべき人を把握し、加入者ごとに正確に保険料を算定することです。

  • 労災保険の対象となる労働者:労働者全員(正社員、パート、アルバイト、日雇労働者)
  • 雇用保険の対象となる労働者:被保険者のみ(正社員、一週間の労働時間が20時間以上かつ31日以上継続して雇用される見込みがある者)

労災保険と雇用保険では加入対象者が異なりますので、年度更新の際は対象となる労働者を把握しておくことが重要です。

誤った理解をしていると申告誤りの原因になりますので、注意してください。もし申告した内容に誤りがあるなど、納付額が不足していた場合は、不足額とともに不足額の10%が追徴金として課されます。

また、7月10日までの年度更新の期間内に手続きをしなかった場合は、納付すべき保険料の10%の追徴金や延滞金が徴収される可能性があります。

従業員一人ずつ保険料を算定したり、前年度と新年度の保険料を算定したりと少しややこしい手続きになると思いますが、計算には十分注意してください。

労働保険の「年度更新」手続きは、会社が必ず行わなければならない手続きの一つです。

1年に1度のことですので、必要以上に時間をかけるのではなく、社会保険労務士さんに相談されることをお勧めします。

自分で出来る!合同会社設立キット販売中 12,600円

当キットをダウンロードして手続きを進めて頂ければ、最短1日で設立手続きは完了します。

合同会社設立キット

  • 少しでも安く設立を済ませたい方
  • 時間があるので自分でも動ける方
  • 自分自身も手続きに携わりたいという方
  • 超特急で今日中にでも登記申請を完了させたい方(法人実印の作成など事前準備は必要です)

自分で出来る!合同会社設立キットでは、設立手続きに必要な書類一式の雛型及び書類作成マニュアルを同梱しております。現物出資にも対応。

会社設立実績1500社を超える専門家(行政書士法人MOYORIC&行政書士法人WEITHNESS)が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご活用下さいませ。

→ 自分で出来る!合同会社設立キット詳細はこちら

税理士に頼まず費用をかけず、自分で会計業務を行いたい方は

今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が注目されています。

100万人以上のユーザーが利用。クラウド会計ソフトシェアも第1位。

ネット上の会計システムを利用して、簡単に日々の会計記帳が行えます。税理士や公認会計士とも提携しているので、専門家との相談も可能ですし、格安で決算の代行もしてくれるようです。簿記の知識がまったくなくても簡単に使える会計ソフト。全国3,630の銀行・クレジットカードと連動し経理を自動化。経理の時間が 50 分の 1 に。

税理士に頼まず自分で費用をかけずに記帳や会計業務を行いたいと言う方には、こちらがお勧めです。法人会計・経理にも対応しています。

また、クラウド会計ならではの資金調達スキームにも注目です。

ジャパンネット銀行が提供しているfreee会員専用のビジネスローン。freee会員なら自動で会計データ及び決算情報が送付され、審査がすぐにはじまるので申し込み後最短で翌営業日での借り入れも可能とのこと。

担保不要・来店不要・借入限度額も3000万円まで。金利は1.45~13.75%と、ビジネスローンの中では低金利。クラウド会計ならではでスムーズ&スピーディーな資金調達も可能なfreeeには今後も注目です。

【関連ページ】これらの記事も読まれています

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2018 行政書士法人MOYORIC All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。