合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

設立後に必要な手続き - 社会保険・労働保険に関する届出について

社会保険

1.社会保険に関する届出 - 年金事務所(旧:社会保険事務所)

会社の設立と同時に、すべての会社は『健康保険』『厚生年金保険』の新規適用事業所となります。

法人は、たとえ社長一人であっても社会保険へ加入しなければならない、強制適用事業所です。合同会社も同様です。

事業を開始した日から5日以内に、従業員を採用した場合は、採用から5日以内に管轄の年金事務所(旧・社会保険事務所)へ届出を行います。

・加入対象者
→役員を含む常勤の従業員、及び、勤務時間や勤務日数が常勤従業員の3/4以上のパートタイマー

どのような書類が必要になるのでしょうか。見ていきましょう。

健康保険・厚生年金保険→【新規適用届】

会社設立の際に1度だけ提出が必要。

<必要書類>

  • 新規適用届
  • 登記簿謄本
  • その他事業所の所在地が登記簿と異なっている場合は、所在地を確認するため、賃貸借契約書や公共料金の領収書のコピーなど

この届出には、役員報酬や従業員の給与の額を記載します。

届け出た額に応じて社会保険料が決まりますから、節税や適法な社会保険料負担減などをお考えの方は、安易な届出を行わずに、税理士や社会保険労務士などの専門家に相談の上、届出を行うようにしましょう。

健康保険・厚生年金保険→【被保険者資格取得届】

会社設立の際には、設立時に在席する加入対象者を届ける必要がある。設立後は、加入対象者が増えた場合(従業員を雇うごと)に届け出ます。

<必要書類>

  • 被保険者資格取得届
  • 年金手帳
  • 対象となる加入者に被扶養者(配偶者等)がいる場合、健康保険被保険者異動届を同時に提出

年金事務所によって、この他の添付書類が必要となる場合があるので、事前に確認することをお勧めします。

また、提出期限が、会社設立の日から5日以内と、税務署関連届出に比べて期限が短いので注意しましょう。

2.労働保険に関する届出 - 労働基準監督署とハローワーク

役員以外の従業員を雇い入れた場合、労働保険に加入しなければなりません。逆に言うと、役員のみの会社であれば、労働保険に加入することができません。

労働保険は、『労働者災害補償保険(労災)』と『雇用保険』の2つから成り、事業主が保険料の一部を負担します。

労働保険関係成立届、労働保険概算保険料申告

原則として、労働者を一人でも雇っていれば加入が必要。

従業員を雇用した日から10日以内に、管轄の労働基準監督署に提出し、50日以内にその年度分の概算保険料を申告・納付します。

雇用保険適用事業所設置届、雇用保険被保険者資格取得届

労働保険と異なり、全従業員が加入するのではなく、 『雇用期間が31日以上かつ一週間の労働時間が20時間以上の従業員のみ』が、その対象となります。

従業員を雇用した日から10日以内に、ハローワークに提出が必要。

労災保険では、原則、すべての従業員が加入対象になります。ですので、会社設立後、上記労働保険の届出をしておけば、その後に従業員を雇用した都度、届出る必要はありません。

しかし、雇用保険は、加入要件があり、従業員を雇用したら自動的に雇用保険の加入対象となるわけではありませんので、新たに雇用した都度、届出をする必要があります。

会社規模に応じて、適切な社会保険料額のシュミレーションを行おう。

前述の通り、合同会社は、社会保険の強制適用事業所です。

あなた一人の会社でも、給与を支給する場合は、必ず加入しなければならないのです。

社会保険なんて、届出自体は簡単ではないのか?

とお思いかもしれませんが、そうではありません。

たしかに届出自体は簡単です。

が、その中身が特に重要なのです。

新規適用届書には役員報酬額を記載します。ご存知かと思いますが、社会保険料の等級は、役員報酬に連動して決定されます。

会社負担分を考慮せず、安易に過大な役員報酬を受け取ってしまうとどうなるでしょうか。

会社の財務状態を圧迫することになりかねません(一人会社の場合、実質、労使折半ではなく、全額負担のようなものですから)。

社会保険料の負担額はどの程度になるのか?

当然、会社の売上規模や成長段階によって、変動します。このシュミレーションには税理士などの税の専門家によるアドバイスが欠かせません。

(関連ページ:合同会社の役員報酬や給与について

社会保険の届出の専門家は社労士です。介護事業所は顧問契約も視野に。

新規適用届出の代行をしてくれるのは社会保険労務士になります。

従業員の出入りが激しい業種の場合、顧問になってもらうこともできます。

従業員が少ない会社でしたら、比例して顧問料も安くなります。

介護事業など、雇用が流動的な業種の場合も、うまく社会保険労務士を活用すると良いでしょう。入社手続きから退職手続きまで、給与計算から社会保険管理・人事労務管理を一括して代行してくれます。

自社で総務の人間を一人雇うよりも、社会保険労務士に支払う顧問料の方が圧倒的に安く、更に専門知識の提供・コンサルティングを受けることができます。また、昨今、件数が多くなってきている労使トラブルの未然防止、解決等にも力を貸してくれることでしょう。

弊所では、社会保険労務士等の専門家もご紹介しております。下記サイトをお気軽にご利用いただければと思います。

※実際のご紹介事務は、弊所提携企業の株式会社イーネットが担当いたします。

※下記ホームページは「税理士紹介サービス」となっていますが、社会保険労務士のご紹介も行っております。記載ミスやURLの間違いではございませんので、お気軽にフリーダイヤルまで「社会保険労務士の紹介を受けたいのだけど・・・」とお電話下さい。ご相談、ご紹介は無料です。→社会保険労務士紹介サービス(無料)

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

法人向けゴールドカードなら「オリコビジネスカードGold」

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。 個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。

1法人あたり10万円~1,000万円(総利用可能枠)までご利用できます。

利用枠は審査次第ですが、1,000万円の経費枠を持つということは、1,000万円の短期資金調達が可能になることと同義です。

また、オリコクレジットを利用している事業主限定で利用可能なオリコの証書貸付「ビジネスサポートプラン」を借入れいただく際、最大2.0%(実質年率)の金利優遇が受けられます(借入可能額100万円~1,000万円、金利6.0%~15.0% ※新規申込時は8.4%~15.0%)。

資金調達の選択肢の一つとして確保しておいて損はないでしょう。

また、年会費2,000円(初年度無料、税別)という格安の年会費にも関わらず、様々な各種保険・保障もしっかりと付帯している点も嬉しいですね。

「事業拡大」「事業インフラの強化」「人材育成」「経営効率の最適化」の4つの分野で利用できる各種割引・サービス、海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、国内旅行傷害保険(最高1,000万円)、 ショッピングガード(年間最高100万円・免責金額1万円)、 カードの紛失・盗難保障付きです。

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。 個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。

融資を断られた方でも資金調達可能。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。